自殺

大山です、

「生きる目的はあるか?」

そんな、宗教じみたこと言われても…

って思う人、
いるかもしれません。

ある話を、聞いたとき、

僕は、生きる目的を、
強く意識するようになりました。

そこから、

『生きる目的こそが力』

だと、信じるようになりました。

今日は、僕の心の中で、
大切にしまってある特別な話を、
あなたに届けます。

・・・・・・・・・・・・

1944年、
アウシュビッツ強制収容所。

2000人収容の建物に1500人が
詰め込まれていた。

雑魚寝することすら
できない、劣悪の住環境。

囚人たちは、週に二切れの
パンだけで命をつなぐ。

料理用の深鍋から、
人肉が見つかったとしても
驚くに値しない。

追い詰められた者が、
食人にいたったのだ。

目に見えない恐怖で
頭がおかしくなっていった。

そして、電流が流れている
有刺鉄線へ飛び込んだ。

自殺だった。

あるものは、死に、
あるものは、生き残った。

では、生き永らえたのは誰か?







屈強な者でもなく、
若者でもなく、

勇ましい者でもなく、
従順な者でもなかった。

自らも収容されていた
精神科医のヴィクトール・フランクルは
この世で最も過酷な場所で、
恐怖に耐えて生き続けられる者は、、

『生きる意味を見出している者』

だと悟った。

・・・・・・・・・・・・・・

ヴィクトール・フランクルは、
言います。

愛情をもって自分を
待ちわびいてくれる人間や、

やり残している仕事に対する、
責任を自覚する者は、

決して人生を
投げ出すことができない。

彼は、なぜ自分が生存すべきかを
知っているので、ほぼどんな状態での
生存にも耐え抜くことができるのだ。

人は自分のためより、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
誰かのためのほうが頑張れる。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

(引用・参照:「残酷な成功法則」より):
https://www.amazon.co.jp/dp/4864105758

生きる目的を見出すことが

行動の源であり、
情熱の灯火なのかもしれない。

この話から、そんなことを学んだ。

僕は、自分のためだけでなく、

子供のため、家族のため、
僕を必要としてくれる人のために、
生きている。

だから、こうして
毎日のように苦なくメルマガを書けるし
苦なくYouTubeをアップできる。

これは、努力でもなんでもない。

僕の生きる目的の一つに過ぎない。

さぁ、あなたも
生きる目的を見出してみよう。

「あなたの、
生きる目的はなんですか?」

ぜひ、僕に届けて欲しい。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

追伸:

第2の故郷
福岡に戻りました。

もう何度も伝えているが、
移動は嫌い。

でも、
スッチーは好き。
(もう死語だよね?w)

男の性。
まだまだ、僕も健在だ。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。