3秒だけ鳥になりました。

大鳥です、いや、間違えました。
大山です。

2017年11月25日(土)の
午後15時半すぎ、、

34年間生きてきて、、
やっと男になることができました。

なぜなら、、日本一の高さを誇る
竜神大吊橋のバンジージャンプを飛んだからです。

竜神バンジーの恐怖に打ち勝つ!

飛ぶ前はめちゃくちゃ怖かったですし、、
僕は高いところが好きなわけでもありません。

ジェットコースターも大嫌いです。

ジャンプ代は1万6000円といいお値段します。
なので、、正直、、

「なんで怖い思いするのに
お金払わなきゃいけないんだ?」

っとブーブーいってました(笑

それでも、5年前から飛びたい!
そう思っていたんです。。

なぜなら、当時の僕は自信がなかったから…。

なので、目に見える形でも
自分に自信をつけたかった。

「いつかは絶対に飛んでやる!」
そんな想いを胸に秘めながら向かいました。

(ちなみに現在は、根拠のない自信の塊です。)

でも、、実際、、現地に着くと、、
やはり、、想像以上の高さとスケールのデカさに
キャンタマが縮み上がりました。。

「やばいね、、嫌!これやばいよ。ヤバすぎるでしょ。。」

とにかく「ヤバイ」を連呼しながら、
恐怖心と戦っていました。

できるなら、、飛びたくない。
そう心の中では思っていたほどです。

でも、、言い出しっぺの僕が
飛ばないわけにはいかない。

1番最初に飛び、
背中をみせなければいけない。

そう覚悟を決め、
茨城に向かう車内で、、

「もし飛ぶ順番を決めれるなら
僕が1番最初に飛び、背中を見せます!」

そう宣言しちゃってたんです。。

そうでもしなければ、
多分、、ノミの心臓しかない僕は
絶対に飛ぶことはできないだろう。と
思っていました。

結果、、お陰様で、、
恐怖を克服することができ、
無事に東京に帰還できています。

僕の中のやりたいこと(夢)の一つを
叶えることができました。

ジャンプ台に行くまでは
ヒーローになれ、すれ違う人から
応援メッセージもたくさんいただけました。

バンジーをしてみての
個人的な感想ですが、、

「めちゃくちゃ楽しかった!」

大自然(紅葉)を
感じながらのバンジーは最高でした!

そして、ここからが重要なことなのですが、
改めて、恐怖とは自分自身が勝手に大きく
しているものだ。

ということを知ることができました。

✓初めてのことをスタートする時
✓やったことないことをする時
✓できるか不安なことをする時

人は失敗やできなかったらという不安などの
恐怖と戦います。

その恐怖が自分の中でどんどん膨らみ
ありもしないこと。

起こる確率がほぼないようなことを
悪いふうに想像し、結局なにも行動に起こせない。

恐怖に打ち勝つことができない。

そんな風になってしまう方も
いるのではないでしょうか。

昔の僕はまさにそうでした。

失敗や恥ずかしい想いをするのは
嫌だ。。それなら死んだ方がましだ!
そんな風に思っていましたから。

それでも少しづつ恐怖を乗り越え
亀の歩幅で一歩づつ前に進みました。

その結果が現在です。

========================
多くの恐怖は空想にすぎない。
========================

このことを身をもって
バンジージャンプで学ばせてもらいました。

実際、バンジーは想像していたより
怖くなかったです。

飛ぶ前はめちゃくちゃ怖かったけど、、
終わった後は清々しい気持ちになりました。

大自然を感じながらのジャンプは
今後の僕の人生に必ず影響を及ぼすでしょう。

ジャンプを終えた後に
認定証を授与していただきました。

そこに書かれていた言葉たち。

=======================

勇気を持って恐怖に立ち向かい、
見事に克服しました。

今日の達成感は、
必ず今後のあなたの人生における
様々な問題に立ち向かう自信と勇気を
与えてくれるでしょう。

あなたのチャレンジ精神の
大きな一歩を讃えここに認定します。

=======================

当日のクルーの方には
いろんな励ましの言葉やエンジョイする気持ちを
教えて頂きました。

僕の一生の思い出に関わって下さったこと
心より感謝します。

そして、僕の想いに共感し
一緒に恐怖を克服してくれた仲間と
撮影をしてくれた仲間にも感謝です。

また、イベント企画したら
一緒に遊んでください^^

いつもありがとうございます!
今後ともよろしくお願いします。

セールスコピーライター
大山祐矢

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。