なぜ?僕はセールスコピーライターになったのだろう?

大山です、

============================
なぜ?僕はセールスコピーライター
という職業を選択したのか?
============================

最近、なぜ?という質問を
頻繁に自分自身に問いかけています。

なぜ?が分かれば、
今やっていることの生産力、
コミットメント力が劇的に変化するかも?

そう思ったからです。

ということで、
今日のテーマは、

なぜ?僕はセールスコピーライター
という職業を選択したのか?

について、書いていきます。

はじめにいっておきますが
これまで動画やメールで伝えてきた。

メリットや市場の可能性などの
話ではありません。

そういったことではなく、
僕の心が動き反応したことを
素直に打ち明けていきます。

どちらかというと、
自分との対話で出てきた心の話です。

なぜ?僕はセールスコピーライター
という職業を選択したのか?

その答えはたった2文字で
伝えることができます。

『自由』

そうです。

僕は自由になりたいから
セールスコピーライターという職業を
選択したんです。

もちろん、
ビジネスの本質であり、
世の中が必要としているとか、、

はじめて知った職業だから、
なんか格好いいと思ったのも事実。

でも、やっぱり
最終たどり着く答えは、

『僕は自由になりたい!』

ただ、それだけでした。

20代後半の僕は、
サラリーマンとして生きていけない。

そんなところまで、
追い詰められていたんです。

というものの、

・人に合わせる環境
・尊敬できない上司
・やりたくない仕事

などに心底、
嫌気がさしており、、

「俺の人生、、
これでいいのか…?」

っと、毎日毎日
重いパチンコ玉を持ちながら
自問自答していました。

そして、出た答えが
サラリーマンとしての生き方を捨てる。

というか、捨てなければ、

自分が自分のままでいられなくなり、
精神的に崩壊してしまう。。。
(これはマジで辛かった、、)

でも、何をどうすればいいか分かりません。

中卒学歴なし、
経験・知識なし、
貯金お金なし、

の僕が何ができるのだろう?

でも、人生は諦められない
俺は、このままでは自殺してしまう。

だから、、勇気を振り絞り
師匠の合宿へ参加を決めたんです。

そこで、ビジネスを
分かりやすく、馬鹿な僕でも
理解できるように教えてもらい、

選択したのが、便利屋さん。
(マッチングビジネス)

そこで、たまたま結果を出せ
師匠にヘッドハンティングされ
起業後、4ヶ月後に上京。

師匠の会社で
セールスコピーライティングを知り
学びはじめました。

当時は、コピー最強説を
信じていた一人でした。

僕らのようなWeb業界では
セールスコピーライターは重宝されます。

お願いするセールスコピーライターで
売上が変わる。

そう言われているので、
給料もめちゃくちゃいいです。

そういった環境もあり
コピーを学ぶのは必然でした。

そうして、師匠のもとで
5年間みっちり学ばせていただき、
セールスコピーライターとして起業し
今があります。

サラリーマンとしての道を捨てたこと
がきっかけとなり、

セールスコピーライターという
技術に出会い、起業できた。

これってつまり、、、

サラリーマンを辞め、
起業さえできれば、何でもよかったんです。

・人に合わせる環境
・尊敬できない上司
・やりたくない仕事

これらのストレスがない環境で
自分らしく生きていければ
やることは、なんでもよかったんです。
(自分が好きなってのは前提で)

『自由になりたい』

それが、僕がセールスコピーライター
という職業を選択した理由です。

僕は今、本当に自由です。

最短の空き日で
歯医者も予約できます。

平日の人が少ない時間に
ジムやランニングにもいけます。

ビジネス仲間からの
海外旅旅の誘いにも応じれます。

サラリーマン時代の
僕からすると、あり得ないほどの
自由を勝ち取ることができました。

セールスコピーライターは
自由になる一つの有力な道だと思っています。

いつも最後までお読みいただき
ありがとうございます!

今後ともよろしくお願い致します。

セールスコピーライター
大山祐矢
(福岡・自宅兼オフィスより)

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。