起業・副業

コピーライティングを副業で行う:在宅ワークで月20万円を稼ぐためには

セールスコピーライティングはPC1台あれば、場所と時間の制限がないビジネスです。当然在宅ワークも可能です。

収入も青天井で、個人で年収1000万円以上稼ぐこともできます。また、集客と売り上げに直結するスキルなので、全ての企業がクライアントになる可能性があります。

そのため「身につけたら一生食べていけるスキル」と言われているのです。

といっても、いきなり本業としてではなくまずは在宅ワークで副業から始めるようにしてください。そう簡単に習得できるスキルではないので、最初から独立は難しいからです。

  • 会社員を続けながら副業ではじめてみたい
  • 専業主婦なので空いている時間を使って稼ぎたい
  • 稼げる可能性を確かめてから本業としてチャレンジしたい

このように思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、セールスコピーライティングを副業からはじめて、月に20万円以上稼ぐために最低限知っておくべきことをご紹介します。

コピーライティングは副業で行うことができる

セールスコピーライティングを副業として行うには、まず何から始めればいいのでしょうか。

セールスコピーライターはあまり一般的な職業ではないため、どうやってはじめたらいいか分からないはずです。副業自体が初めてならばなおさらです。

そこで、セールスコピーライティングを副業としてスタートする具体的な方法をお伝えします

クラウドソーシングで仕事を受注する

セールスコピーライターを副業としてはじめるには、クラウドソーシングを利用するのが一番スムーズな方法です。通常、クライアントの獲得には労力と時間がかかります。しかし、クラウドソーシングサイトにはすでに企業からの仕事の依頼が集まっているため、営業活動が不要になるからです。

クラウドソーシングとは、企業や個人がオンラインで不特定多数の人に業務を外注する仕組みのことです。たとえば、クラウドワークスランサーズサグーワークスなどのサイトがあります。

どのような仕事が募集されているかというと、主に以下の案件が一般的です。

  • ブログ記事の代筆 1記事1,200円程度
  • ランディングページ文章作成 1万円~10万円
  • WEBサイトの文章一式 10万円~30万円

これらの案件が多くあります。

ただし、「セールスコピー」という言葉は一般の企業にはあまり認知されていないため、「セールスコピーをお願いします」と募集されていることは稀なので注意してください

「ランディングページ」や「DM作成」など、仕事を募集する側の視点で探してみると、セールスコピーライティングのスキルを活かせる案件が見つかります。

また、高単価の案件を獲得するにはある程度の実績が求められますので、はじめはブログ記事の代筆など、簡単な案件で経験を積んでいくことになります。

まずはクラウドソーシングから、セールスコピーライターとしての一歩を踏み出しましょう。

サラリーマンの場合、年間20万円超えると確定申告の必要がある

セールスコピーライティングの副業で年間20万円を超える所得がある場合は、確定申告をする必要があることを覚えておいてください。

副業がアルバイトなどの給与所得の場合は、収入金額に関わらず確定申告の必要があり、それ以外の所得の場合は「年間20万円を超えたら確定申告するように」と法律で定められているからです。

たとえば、ランディングページやライターの仕事で月々2万円稼ぐ場合、年間で24万円になります。「所得」というのは「収入 – 経費」ですので、かかった経費が4万円未満であれば確定申告が必要になるのです。

もし、確定申告をしなかった場合は、脱税のペナルティとして重い税を支払うことになる場合があるので気をつけてくださいね。

セールスコピーライターの収益の種類

セールスコピーライターはどのように収益を上げているのでしょうか。ここからは、本業で稼いでいるセールスコピーライターの主な収入源についてご紹介します。

クラウドワークスの次のステップとして参考にしてください。また、身につけたら大きく稼げるスキルだと知ることで、副業としてもやる気が出てくるでしょう。

セールスレター1件につき○○円

セールスコピーライターの収益の1つに、セールスレターを1件〇〇円で受注する方法があります。

クライアントの商品の販売や、集客用のセールスレターを作成して、作成した数に応じて収入が増えていきます。

たとえば、下記のような仕事があります。

  • ダイレクトメール 3万円~15万円
  • セミナーの申し込み用・メルマガ登録セールスレター 5万円~30万円
  • 商品の販売用セールスレター 10万円~50万円

制作期間は案件の内容とセールスコピーの腕前によって異なりますが、1日で書き上げることも不可能ではありません。

単純計算で、10万円のセールスレターを月に10本書けば、100万円が稼げます。しかし、書かなければ1円も得ることは出来ないとも言えます。

毎月コンスタントに仕事を獲得できれば良いのですが、なかなか収入を安定させることは難しいです。仕事探しに労力がかかり、レターの品質が下がってしまうということにもなりかねません。

このように、セールスレターを単発で受ける方法は、書けば書くほど稼げる反面、書かなければ収入が途絶えてしまうということを把握しておきましょう。

成果報酬:売り上げの○○%を利益としてもらう

セールスコピーライターは売り上げの○○%を利益としてもらう、成果報酬型での収入を得ることができます。

単発型では、書き続けなければ収入を得れませんでした。しかし、成果報酬型で契約できれば、一度書いたレターから継続的に報酬を得ることができるようになります。

なぜ成果報酬型で契約できるかというと、セールスコピーによって売上が上がれば、その一部を報酬として支払ってもクライアントの利益は十分に確保できるからです。

たとえば、10万円の情報商材のセールスレターを成果報酬20%で契約したとします。

この商品が毎月10個売れるようになったとすると、売上100万円の20%にあたる、20万円がセールスコピーライターの報酬として支払われるのです。

その時のクライアントの利益は以下のような計算式になります。

100万円(売り上げ)- 20万円(成果報酬)= 80万円(クライアントの利益)

セールスコピーライターにレターを書いてもらうと20万円の成果報酬を支払います。しかし、80万円を利益として獲得できるためレターを使い続けてくれるのです。

このように、成果報酬型の契約をすることで、商品の売上の一定額をもらうことが出来ます。結果が大きいほど収入も増え、商品が売れ続ける限り報酬が発生するのでやりがいもありますよね。

セールスコピーライターとして活動を始めたら、ぜひ成果報酬型での契約を目指しましょう。単発で受注する方法と組み合わせることで、さらに収入を安定させる事もできます。

月額のコンサルティング

セールスレターを書くだけがセールスコピーライターの仕事ではありません。セールスコピーライターは「セールス」と「マーケティング」の専門家でもあります。なので、集客と売り上げアップのコンサルタントとしても活動できるのです。

たとえば、飲食店のマーケティングコンサルタントとして月額30万円 + 成果報酬の契約を結ぶ事ができます。

社員を1人雇うには給料の1.5倍から2倍のコストがかかると言われています。もし、給料が30万円の社員を雇った場合の会社コストは60万円です。

なので、コンサルティング料として月額30万円でセールスとマーケティングの専門家を雇うというのは経営者にとって賢い選択なのです。

成果報酬については、先ほど述べたとおりです。

このように、月額のコンサルティング契約をすることで、セールスレターのみを受注するよりも企業の本質的な部分から関わる事ができます。

セールスコピーライターがコンサルタントとして入ることで、クライアントの売り上げが上がり、良い商品を手にできて喜ぶ人が増え、さらに自分の収入もアップします。成果が出なかった時はショックですが、成功した時の喜びはひとしおではないでしょうか。

コピーライティングを副業で稼ぐための注意点

コピーライティングを副業として稼いでいくにあたって、注意しなければいけないことがあります。この項目でお伝えすることを心がければ、うまくいく可能性が格段に上がりますので、必ず心がけるようにしてください。

プロである自覚を持つ

セールスコピーライターの仕事は、お客様の命運を左右する重要な仕事です。なので、副業といえどもプロである自覚を持つ事が大事です。

会社は利益を上げなくては潰れてしまいます。なので、売上を左右するセールスコピーには会社の関係者全員の生活がかかっているといっても過言ではないのです。

こんな重要な仕事を「副業だから」と思っている人に任せるでしょうか。

おそらく「任せたい」と思う人はいないのではないでしょうか。

ですので、副業だからと手を抜かずにプロとしての自覚を持って、クライアントと心中するぐらいの気持ちでコピーを書きましょう

結果を出せるまでは無料で試させてもらう

ここまで、コピーライティングで収益を上げる方法について色々とご紹介しましたが、最初から高額の報酬を得ることは難しいです。結果が出せるまでは無料で試させてもらいましょう。

なぜなら、実践での経験がなければ反応があるレターを書くことは難しいからです。結果が出ないセールスコピーにお金を出してくれるクライアントはいません

例えば、あなたがアメリカに旅行に行くとします。そのとき、次の2人のどちらにガイドをお願いしたいですか?

  • A君:TOEICが100点満点だが、一度も海外に行った時がない
  • B君:TOEICなんて受けたことないが現地で1年間働いて英語を身につけた

おそらくB君の方だったのではないでしょうか。

セールスコピーライティングも本などから知識を得ることは大事ですが、実践経験を通して技術が磨かれていきます

お金は無くなってもスキルがあれば稼ぐことが出来ますが、スキルが無くなったらお金を稼ぐ事は出来ません。はじめは無料で試させてもらって、スキルを磨く事に集中しましょう。

独学では時間がかかるので学ぶ環境を見つける

独学でセールスコピーライティングを身につけるのは不可能ではありません。ただ、習得するのに多くの時間がかかってしまいます。

そのため、学ぶ環境を見つけるのが習得の近道です。通信講座・塾・メルマガなど、自分に合いそうなものを探してみてください。

できれば、実績のある先生がフィードバックしてくれるところを選ぶとよいでしょう。間違っているところを指摘してくれますし、無駄な知識を覚える必要がなくなります。

たとえば、教習所で車の免許を取ることを想像してください。操縦方法や交通ルールなど、はじめはぎこちなかったり、間違ったりします。しかし、教官が隣に乗ってフィードバックしてくれるから、誰でも安心して正しい運転を覚えられるのではないでしょうか。

もちろん良い環境ほどお金がかかります。ですが、スキルへの投資は最も確実でリターンの高い投資です。上述したように、正しいスキルを身につける事が出来ればお金は稼げるからです。なので、学ぶ環境を見つけることに注力しましょう。

まとめ

コピーライティングを副業としてはじめる方法についてご紹介しました。

はじめは無料で引き受けたり、クラウドソーシングで経験を積んだり。徐々にスキルを磨く努力をすることで、他の職業よりも短い期間で大きな収入を得ることができるようになります。

月に20万円ならばセールスレター1本で達成できますし、毎月書かなくても収入を発生させることも可能です。さらに、時代が変わっても稼げる本質的なスキルが身につくという魅力があります。

ぜひ本記事を参考に、セールスコピーライターへの一歩を踏みだしてみてはいかがでしょうか。

執筆者
大輪 好文
大輪 好文
セールスコピーライター。DTPデザイナーとして約3年の会社員経験を経て2016年に独立。広告ページのデザインを手がけたことで、セールスコピーライティングと出会う。『この世でもっともお金を生むスキル』を習得すべく、サイト運営者である大山さんのプログラムに参加。セールスコピーライターとしてのマインドとスキルを学び、プロとしての活動を開始した。文章とデザインの融合による高い反応率の実現。そして、誰よりもお客様に寄り添う一流セールスコピーライターを目指し、力戦奮闘の日々を送っている。

今すぐ無料で受講する

トップへ戻る