副業

大学生必見!大学生でも今すぐできる不労所得の作り方を公開

大学生の方は、就職先や就活で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。「給料面で選ぼうかな」「やりがいで選ぼうかな」と迷っている人もいるかもしれませんね。

誰もがみな、1度は不労所得の生活を憧れますよね。と言っても「不労所得は、多額の投資が必要」というイメージがあると思います。確かに、多額の資金を必要とする不労所得はいくつかあります。

しかし、実はお金を投資しなくても不労所得を得ることが可能なのです。ここでは大学生にオススメしたい今すぐに出来る不労所得の作り方をお伝えします。

不労所得とは

不労所得とは、何もしなくても自動的に入ってくる所得です。

ですが、全く何もしなくてもお金が入ってくる人はほぼいません。不労所得を得るためには、その仕組みを作る必要があります。一概には言えませんが、不労所得が入ってくるまでに1年以上かかるモノもあります。その間は、コツコツと労働しないといけないのです。

決して「不労所得 = 全く何もしなくても入ってくる所得」ではなく、不労所得の仕組みを作るまでに少なからず労働しなければいけません。

不労所得のメリット

不労所得の仕組みさえ作ってしまえば「自動的に収入が入ってくる」「時間に縛られない毎日を過ごせる」など充実した日々を送れます。

労働収入は「働いた時間 = 収入」になります。時間は、1日24時間しかありません。つまり、労働所得は稼げる金額に限界があるということです。一方、不労所得は短い労働時間で収入に限界はありません。

その中でも一番のメリットは「怪我や病気など、万が一の時のリスクも回避できること」と言えます。労働所得だと、病気や入院をしたら収入がありません。ですが、不労所得だと働かなくても収入が入ってきます。

  • 自動的に収入が入ってくる
  • 時間に縛られない毎日を過ごせる
  • 収入に限界がない(青天井)
  • 万が一の時のリスクも心配しなくて大丈夫

他にもありますが、主にこれらが不労所得の仕組みを作った時のメリットです。

大学生でも不労所得は可能?

この記事を読んでいるのは、大学生の方が多いでしょう。「大学生(学生)でも不労所得を得るのは可能だろうか?」と疑問に思っている方にお伝えします。

結論からいうと、大学生でも不労所得を得ることは可能です。学生でも会社員の方でも年齢に関係なく不労所得を得ることができます。実際に大学生の方で不労所得を得ている人は結構います。

少しでも迷っているなら、あなたもトライしてみましょう。

はじめる前のマインドセット(心構え)

不労所得は、何もしなくてもお金を稼げるというイメージは捨ててください。

先述にもありますが、不労所得の仕組みを作るまでには労働しないといけません。「楽して稼げる」というイメージが先走りしてしまい、この部分を知らずにはじめた方は、すぐに諦めてしまいます。

不労所得の仕組みを作るまでに1年以上もかかるモノもあります。「その間は、努力や勉強をコツコツし続けることが必要だ」という気持ちではじめてください。

コツコツ継続し続けた人だけが、比較的少ない労働で不労所得を得ることができるのです。

大学生でも今すぐできる不労所得の作り方

大学生の方にオススメしたい、投資を必要としない不労所得の作り方を5つお伝えします。

  • その職種にふさわしい人(向いている人)
  • 稼げるまでの期間
  • 平均月収

これらもそれぞれ一緒にお伝えします。きっと、自分にあった職種が見つかるでしょう。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、商品・サービスを紹介して成果報酬を得ることです。

たとえば、自分のブログやWebサイトで「この商品・サービスは良いですので、ぜひ使ってみてください」と発信したとします。それを見たユーザーが商品・サービスを購入するとあなたに紹介料としてお金が入ってくる仕組みです。

画像引用元:バリューコマーズ

紹介料は、紹介する商品・サービスによってピンキリです。1件1円のモノもあれば、1件50,000円を超えるモノもあります。高いモノだと、クレジットカードや仮想通貨取引所、FX口座などがあります。ただ、これらのジャンルは激戦区(レッドオーシャン)なので、それなりのノウハウが必要です。

紹介料は、一度だけではなくユーザーが買ってくれる度にあなたに入ってきます。多くのユーザーに買ってもらうためには、より多くの人が見る(アクセスがある)媒体を作るのが大前提です。

アクセスのある媒体を作るまでに早くても半年〜1年かかります。その間は、コツコツとひたすら役に立つ情報(コンテンツ)を発信し続けることが必要です。アフィリエイトは、資金はかかりませんが時間を投資します。

アフィリエイトをしている人の平均月収は、5,000円未満の方が約85%です。この数字を見てビックリしているかもしれませんが、そんな簡単ではないということです。

ですが、コツコツと正しいやり方で頑張ることができれば月収100万円も夢ではありません。本気で始めたい方は、上手くいっている方から直接教えてもらうのが一番の近道です。


  • こんな人におすすめ ・・・ コツコツ頑張れる人、文章を書くのが好きな人
  • 稼げるまでの期間 ・・・ 早くても半年〜1年
  • 平均月収 ・・・ ほとんどの人が稼げていないが、月100万円以上も可能

もっとアフィリエイトについて知りたい方はこちらをご覧ください。→アフィリエイトで稼げない原因:挫折理由と対処法を大公開!

スマホのアプリ開発

今では、写真加工アプリをはじめゲームアプリや音楽アプリなどさまざまなアプリがあります。

スマホのアプリは、個人で作ることができるのです。当然、プログラミングなど専門的なスキルや知識が必要です。

無料のアプリに多いですが、アプリを開いたら下に広告(バナー)が出てきたことがあると思います。一度は、間違えて押したことありますよね。

アプリ開発での主な不労所得は、広告収入です。見られる度に自分の懐にお金が入ってきます。アプリを使う人が多いほど、入ってくる金額は右肩上がりに増えていくのです。他には、月額制にしたり課金をしたりという方法もあります。

僕の知人は、ゲームアプリを作ったところ多くの人にダウンロードされ1つのアプリの広告収入だけで毎月80万ほどの不労所得を得ています。もともとは、IT会社に勤めていましたが、今はやめて自由に過ごしています。

ただ、他と似たようなアプリを開発しても厳しいでしょう。ヒラメキや発想力を使って、画期的なアプリを開発することが求められます。

アプリ開発の平均月収は、45,000円です。約5%が月10万円以上の不労所得を得ています。20人に1人が月収10万円以上という計算です。

1つでも人気のアプリを開発すれば、大きな不労所得に繋がります。


  • こんな人におすすめ ・・・ プログラミングに詳しい人、発想力がある人
  • 稼げるまでの期間 ・・・ アプリ開発にかかる時間
  • 平均月収 ・・・ 45,000円と比較的高い平均月収

LINE(ライン)スタンプ作成

2014年8月にサービスを開始したLINE(ライン)ですが、今では連絡をとるのに欠かせないツールになっています。名前入りスタンプやキモ可愛いスタンプ、動くスタンプなど一度は、購入したことがあると思います。

自分でオリジナルのスタンプを作成し購入される度にお金が入ってくる仕組みです。購入された場合、売上の35%が入ってきます。120円のスタンプが購入されると「42円」もらえる計算です。

個人でスタンプを作成しているクリエイターは、世界230ヶ国で約150万人もいます(2018年5月時点)。スタンプの販売総額は530億円を超え、今後も市場は拡大していくことが予想されます。

LINEスタンプ作成の平均収入は、約6割の方が「1万円未満」です。一方で、トップクリエイター10人の平均は1億円を超えています。はじめて1年で1億円プレイヤーになった方もいます。

ライバルも多いですが、一発逆転も十分に可能です。何個も販売するのも1つの方法です。


  • こんな人におすすめ ・・・ 絵が好きな人、アイディアで勝負したい人
  • 稼げるまでの期間 ・・・ 作成にかかるが時間
  • 平均月収 ・・・ 6割が1万円未満、たった1年で1億円プレイヤーもいる

電子書籍を出版

電子書籍とは、スマホなどのタブレット機器で読める書籍のことです。代表的な電子書籍サービスとして「Amazon Kindle(アマゾンキンドル)」があります。こちらから→Amazon Kindle(アマゾンキンドル)

一般の書籍に比べて荷物にならない、価格が安い、スマホで読めるという理由から需要(ニーズ)が高まっているのです。出版した電子書籍が購入される度に「印税」という不労所得が得られます。

印税は、販売価格の「35%・70%」と2つあります。250円〜1,250円で販売すると70%、それ以外は35%です。1000円で販売した場合、1冊売れると700円、200円の場合は1冊売れると70円の印税が入ってくる計算です。

出版と聞くとハードルが高いイメージを持ちがちですが、電子書籍は誰でも出版できます。小説や専門書以外にも写真集や自分のブログをまとめたモノまで幅広いジャンルの書籍を出版できます。販売価格も自分で決められるのも、嬉しいところです。

また、書籍を出しているというだけで自分の名刺代わり(ブランディング)にもなります。興味がある方は、ぜひ出版してみてください。


  • こんな人におすすめ・・・専門的な知識がある人、自分の考えや経験を発信したい人、ブランディングしたい人
  • 稼げるまでの期間・・・出版までにかかる時間
  • 平均月収・・・ほとんどの人が月1万円以下

セールスコピーライティング

セールスコピーライティングとは、「商品・サービスを売るための文章を書くスキル」です。売上・集客アップした企業から常に求められているスキルの一つです。

セールスコピーライティングは、すぐに習得できるほど簡単なスキルではありません。なので、その分ライバルは少ないです。お金ではなく、時間と労力を投資します。

売上に直結するスキルなので、報酬も高額です。たとえば「前金50万円 + 売上の20%」という報酬も可能です。それだけでなく、自分で書いたレターで売上が上がる度に不労所得として定期的にお金が入ってきます。

また、実績・経験を積みコンサルティングすることによってもう一つの収入源を作ることもできます。セールスコピーライティングこそ最強のスキルです。

需要(求めている企業)は多いですが、供給(セールスコピーライター)が少ないのが現状でバランスが完全に崩れています。はじめるのであれば、早いうちが良いです。

さらに深くセールスコピーライティングについて知りたい方は、こちらをご覧ください。→セールスコピーライティングとは? 歴史・語源まで分かりやすく解説


  • こんな人におすすめ・・・セールスが好きな人、企業や人に貢献したい人
  • 稼げるまでの期間・・・早くて3ヶ月〜半年
  • 平均月収・・・約45万円(フリーのセールスコピーライター)

当サイト「ビジネス成功脳のすべて」では、セールスコピーライターとして企業・独立するためのノウハウをメルマガでも無料で公開しています。

もし、あなたがセールスコピーライティングに少しでも興味があるのであれば、メルマガに登録してみてください。

一番下までスクロールし、自分のメールアドレスを入力し「登録」ボタンをクリックしてください。無料でノウハウを受け取れます。新たな転機になるかもしれません。

まとめ

大学生でもお金を投資せずに出来る不労所得の作り方をお伝えしました。

FXや株式投資などは、お金がかかりますし自分ではコントロール出来ない部分があります。なので、僕自身としてはあまりおすすめしません。ここでご紹介したような自分の努力次第で不労所得を得られる方が、ある程度結果はコントロール出来ます。

未来を見越して、他の人が遊んでいる間にコツコツ不労所得の仕組みを構築していきましょう。

なお、当サイト(ビジネス成功脳のすべて)では、無料でメルマガを配信しています。セールスコピーライティングについてはもちろん、ビジネスマインドやマーケティングについても誰でも分かりやすい内容で配信しています。

セールスコピーライターを目指している方だけでなく、何かビジネスをしている方にも役立つ情報ばかりです。ぜひ、購読してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
江藤 裕太
江藤 裕太
サイト運営者である大山に憧れ上京し、高額なコンサルフィーを支払い、 ビジネスマインドからセールスコピーの技術までを学ぶ。 今では「ビジネス成功脳のすべて」公式ポッドキャストのナビゲーターを務めるなど、大山の右腕として活躍している。

以下にいつも使っているメールアドレスを
正しくゆっくり入力し『登録ボタン』をクリックしてください。

登録フォーム
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール
【無料】この世で最お金を生むスキル メールマガジン講座