思わず買っちゃった本

大山です、

突然ですが、
歴史って好きですか?

僕らが今こうして生きられるのは
歴史があるから。

だから僕は歴史への
探求心が強いんです。

偉人の生涯から、これまで起きた事象を
調べあげ歴史的事実を学んでいます。

「歴史にはあまり興味がない」
「前だけを向いて生きたい」
「未来のほうがとても気になる」

そう思う人もいるでしょう。

それでも、
僕らセールスコピーライターは
歴史的事実を見逃してはいけません。

なぜなら、ライティングに
活かすことができるから。

発明王トーマス・エジソンでの
話をしてみます。

========================

失敗という言葉は
僕の辞書にはありません。

失敗という言葉はネガティブになり、、

これから先の未来に起こる
すべても失敗するかもしれないという
恐怖が襲ってきます。

仮に僕以外の人間が100%
失敗だと決めつけていても。

僕だけは失敗だとは
認めないでしょう。

頑固親父の考えかもしれません。

それでも、僕はすべてが学びだと
捉えています。

誰もが知っている発明王
トーマス・エジソンは電球の実用化までに
1000回以上失敗したと言われています。

ご存知の通り、今では
歴史的偉人として世に語り継がれてます。

そんなエジソンですが、
電球の実用化に成功した後、
インタビュアーから、

「1000回の失敗をしたという
気持ちはどういうものですか?」

と聞かれ、
こう答えました。

「私は1000回の失敗をしたわけではない、
1000のステップを経て電球の実用化ができただけだ。」

今では、

「それでも諦めなかった偉人」

の一人として多くの人の心に
影響を与えています。

この話から分かる通り、

失敗を自分がどう捉えるのか?
ということが大切であり、未来を形作ります。

失敗することはダメなこと。
絶対に失敗はできない。

日本ではこう捉えられていますが、

======================
失敗は次へのステップであり
大きな学びなんだ
======================

と捉えることで
失敗ではなくなるのです。





========================

このように、何かを伝えるときに
歴史的なエピソードや名言を拝借します。

そのほうが興味深く伝えられ
読んでもらえるからです。

そして何より、説得力が増します。

そんな歴史への探究心がある
僕が思わずかっちゃった本を紹介。

タイトルは、「太平洋戦争の真実」

世間には出回らない裏の情報を
知りたい人はもちろん、

興味深く、人に読まれる
ライティングを実現したい人には
良いと思います。

ただし、一つだけ注意点

まだ僕は読んでいません。
思わず買ってしまっただけ。

なので、面白いかどうかは
自分の目で確認してくださいね。

太平洋戦争の大嘘:
http://directlink.jp/tracking/af/1516463/DJxCtPEN/

今では1980円のところ
送料だけの550円で手に入れられます。

セールスコピーライター
大山祐矢

追伸:

今日はロンハーマンカフェで
仕事をしていました。

おしゃれな空間でのライティングは
気分が向上し良いものです。

隣の大声で話すおばさんが
いなければもっと良い時間になりましが、
カフェなので仕方ないです。

ABOUTこの記事をかいた人

大山祐矢

セールスコピーライター・マーケター これまで、1000名以上の方にビジネスの基礎からネット集客法や セールスコピーの技術などを伝え、数々の売上・集客アップに貢献している。 現在はセールスコピーライター養成活動にも力を入れている。